筑波大学附属駒場高等学校自治会

自治会紹介

 

筑波大学附属駒場高等学校自治会について紹介します。


自治会の取り組み

本校の自治会は、高校の生徒組織をすべて束ねる存在です。 大きな特徴は、自主的だということで、顧問の先生方はあくまでも補助的な立場であって基本的には生徒に任せ、よほどおかしいことをしない限り手を出さないという方針が多いです。

自治会会則の前文には、 「われらは、輝かしい未来の建設者であることを常に自覚し、理想へのたゆみない歩みを続けなければならない。かかる自覚に基づき、われらは自主的活動の実践を決意して、ここに生徒自治会を組織し、本会則を制定する。」 とあります。このように、自主的な活動をするのが決意であり目的であるので、生徒は自分たちのために自分たちで頑張るというスタンスをとっているのです。特に役員会と実行委員会は活動内容が多く、比較的この精神が表れやすいといえます。


自治会の構造

筑駒の自治会は多くの委員会によって構成されています。そんな筑駒を支えている委員会を紹介しています。

生徒総会、代議員会、役員会、常任委員会(保健委員会、図書メディア委員会、視聴覚委員会)、部委員会、選挙管理委員会……文化祭実行委員会。


その他の委員会

高校生徒自治会・中学生徒会の下に存在している委員会の他にも、学年で円滑な学校生活の進行を促進するために、いくつかの委員会が設けられています。

これらは生徒自治会・生徒会の枠組みの中で設けられた委員会とは異なり、各学年で設置し、各学年の担任団が顧問となります。 各委員会とも学年別で、委員は各クラスから3~4名選出されます。

校外学習委員会、水田委員会、記録・アルバム委員会、ホームルーム委員会、週番

自治会規約

※ 現在、自治会役員内で規約改正の動きが出ていますので、変更になる可能性があります。