筑波大学附属駒場高等学校自治会

学校紹介

 

筑波大学附属駒場高等学校自治会について紹介します。


学校概要


学校目標

自由・闊達の校風のもと挑戦し、創造し、貢献する生き方を目指す。

この学校目標の言葉は、筑駒を端的に象徴しています。『挑戦』は既成の価値観にとらわれない創造性、『創造』は「自由闊達」の精神の表現、『貢献』は自らに「挑戦」し、「創造」した結果として実現したものを社会に還元することをそれぞれ表わしています。この目標の中でも『自由闊達』は筑駒の校風を一言で表現したとして有名です。 右の写真は、ロータリーの一角にある「自由闊達」のオブジェです。入学式のとき、ここで記念撮影する新入生の親子がよく見られます。


校章

本校校章は麦の穂を象徴したものです。農学校であった歴史もあり、聖書(ヨハネ伝12章)にいう、「一粒の麦に死なずば…」の麦、また、生命の糧としての麦としてこの校章が制定されました。われわれにとって生きるための根源といえるものです。



学校沿革

筑波大学附属駒場中・高等学校は、2015年度で創立69年目となりました。開校当時から男子校であり続けた筑駒には、昔からの伝統が色濃く生きています。


学校設備

筑駒のほのぼのとした校内と特徴的な校舎を紹介。


筑駒の行事

筑駒には1年間にたくさんの行事があります。その行事を詳しく紹介。


筑駒の1年

筑駒の1年間を紹介。


筑駒生の1日

筑駒生はこんな1日を送っています。


学校名所

筑駒にある名所を紹介します。